読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

受験を迎えるお子様をもつお母さんへ伝えたいこと ~わたしメッセージで伝えるコツ~

わたしメッセージで伝えるコツをお伝えしますね。

 

 

わたしメッセージは、三部構成になっています。

行動・影響・感情の三つがそろうと、相手に伝わりやすくなります。

 

 

 ・行動:目の前に見えている行動を言います。 

例えば、「起こしたのに、寝ていると」です。

コツは、「いつもいつも」とか、「いつまでたっても」とかの言葉はつけないというこ

とです。

子どもにとって、責められたように感じやすいのです

 

 

・影響:子どもの行動によって、自分にどんな影響があるのか、具体的に言います。

具体的にというと、どれぐらいの時間がかかるとか、労力・手間がかかるとか、お金が

かかる等です。

例えば、「ご飯とお弁当を作るのが遅くなる」です。

 

 

感情:影響からくる親の本当の気持ちを正直に言います。

「~すべきでしょ」などと一般論を言うのではないのです。

「困る」「悲しい」「さみしい」など、ホンネの感情を正直に伝えます。

 

 

この三つを合わせて言うと、例えば…

「朝、あなたを何度も起こしに行くとね、ご飯やお弁当を作るのが遅くなっちゃって、

お母さん、慌てちゃって困るんだよ。」

になります。

 

 

「むむっ、なんだ?難しそう?」と思われたかた、いらっしゃるかもしれません。

そうですよね。最初からこの三つをちゃんと言うのって、大変ですよね。

 

 

私も、最初から完璧になんて言えなかったですよ。

でも、だんだんと言えるようになってきました。

コツはですね、怒りそうになった時に、

「私はなんでこんなに怒ってるの?」と自分に聞くことです。

 

 

「ああ、寝ているのを見るとがっかりしちゃうんだ。」

また、自分に聞きます。

「なんで、ガッカリしちゃうのかな?」

 

 

「忙しい中に、せっかく起こしにいっているのに、寝ているから。」

「起こしに行くことが、大変な事をわかってほしいんだよね。」

などと、自分の中の本当に言いたいことを見つけていくのです。

 

 

怒っているときに、そんなことしてられない!と思うかもしれません。

後で、考えてもいいんですよ。

「あの時、怒っちゃったけど、本当に言いたいことはなんだったのかな?」

と振り返って考えてみて、また言えるタイミングがきたら、言うこともできますよ。

 

 

そんなことを繰り返していると、いざってときに、言えたりするときがあります。

コミュニケーションも、トレーニングなんですね。

何度も試していると、だんだんと思ったことを伝えられるようになってくるんです。

英会話レッスンみたいなものです。

 

 

紙に書いてみるのもお勧めです。

講座の中では、実際に書いたり、話したりして練習するんですよ。

 

 

こんな努力をしてまで、わたしメッセージをなぜ言うのかというと、わたしメッセージ

で伝えることによって、いろいろな効果があるからです。

初めに少しお伝えしましたが、もう少し詳しく、お伝えします。

 

 

次回は、わたしメッセージの効果についてです。

 

 

本間 恵