読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不登校の子のお父さん・お母さんに伝えたいこと ~自分をより深く知る時間を持つ~

不登校の子のお父さん・お母さんに伝えたいこと」~その3~です。

 

 

お父さんお母さんに、ご自分の時間をもっていただきたいと思います。

 

 

自分の時間を持つ。

当たり前のことのようですが、お父さんお母さんにとって、そんな時間を捻出することは、なかなか難しいのではないでしょうか。

 

 

自分の時間を持つことで、自分を見つめる時間が持てるといいですね。

哲学的なことを考えてくださいというわけではないですよ。

 

 

自分はどんな人間になりたいのか。

自分は何を大切に思って生きているのか。

どんな生き方をしたいのか…。

そんなことを考えて行きたいのです。

 

 

自分の軸があると、何かあったときにぶれにくいのです。

迷ったりしても、またもとの道に戻ることができます。

 

そして、一人の人間として、失敗したり迷ったりしながらも、懸命に生きている姿を子

どもに見せていきませんか?

 

 

無理にかっこつける必要はないですよ。

親が正直に見せていくのです。

その親の生きる姿勢が、子どもへの模範となります。

 

 

自分を、より深く知る時間を持ってみませんか?