読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サインを見落とさないための親のアンテナ

「能動的な聞き方」について、いろいろ書いてきましたが、

いつでもどこでも聞かなくちゃいけないの?というわけではありません。

 

 

聞くにも、タイミングがあります。

子どもがサインを出しているときでいいんです。

 

 

この場合のサインとは、子どもが、悩んだり、不安になったり、イヤだなという気持ち

を抱えたときにする行動のことです。

 

 

子どもを見て、

「いつもと様子が違うな」「何かあったのかな」「ちょっとへんだな」

と感じる行動のことです。

 

 

例えば、こんな事例があります。

 

いつもマンガしか読まない小学校4年生の子どもが、めずらしく部屋で本を読んでいま

す。お母さんはそれを見たとき、「やっとマンガから卒業した!」と思い、うれしくな

りました。

 

ところが、子どもの様子をよく見てみると、本を読んではいるけれど、夢中

になっているのではありません。それどころか、なんだかつまらなそうで、暗い顔をし

てただ本をじっと見ているだけでした。

 

母「その本、つまらないの?」

子「ううん、違うよ。」

母「本がつまらないわけじゃないのね。」

子「みんな、遊べないんだって。」

母「遊ぶ友達がいないから、つまらないのね。」

子「うん…公園に行ってみようっと。」

 

この場合、子どもが「つまらなそうに本を見ている」がサインです。親がサインをキャ

ッチできたからこそ、子どもは心の中のイヤなことを口に出すことができたのです。

さらに、公園に行くことを自分で考えたのです。

 

 

サインを見逃して、「本を読んでいて、えらいね」とほめていたら、子どもが考えたイ

ヤな気持ちは、蓋をされたままなのです。

 

 

このように、サインにはいろいろな種類があり、親がサインをキャッチすることが、子どもの心を理解することへとつながるのです。

 

 

このサインをキャッチできたときが、「聞く」タイミングです。「聞く」という対応を

とることで、子どもが抱えた悩みに子ども自身が向き合うことができて、自分で考える

子どもに育っていくのです。

 

 

サインを見落とさないために、親は日ごろから子どもの表情や態度、生活や体調など、

いろいろなことにアンテナを張っておくことが大切です。

日頃から、親のアンテナを磨いておきたいですね。

 

 

 

本間 恵