読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

効果的なしつけは・・・

今日は、しつけについての続きです。

 

 

しつけをするのに効果が高い時は、親も子も、困っていることがない時です。

親業では、「問題なし」とよんでいます。

 

 

例えば、片付けについて。

 

子どもに片づけの週間を身につけさせたかったら、遊び終わって、一緒に片付けをして

いくんです。そこで、片付け方を一緒にやりながら、教えていきます。

 

くり返し一緒にやっていきます。そこで、お母さんの思いも一緒に伝えていくのです。

物を大切にすることや、どうしてこんなふうに片付けるのか、等などです。

理由がわかると、子どもは納得しやすいのです。

 

そのうち、自分でやるというかもしれません。もしくは、自分でできそうかなという時

に、「一人でやってみる?」と促すこともできます。子どもが「うん」と言えば、やら

せて見守りましょう。その時に、全部やる必要はないですよ。

一つひとつでいいのです。

 

 

ポイントは、あせらないことです。

 

 

そして、1つできたら、認めていってあげてくださいね。

「かたづけられたね」

「ママ、うれしいな」

「きれいになって、気持ちいいね」

親のうれしい気持ちが伝わると、子どもは自分に自信を持ちやすいのです。

 

 

もしまだ上手くできない時は、一緒にやっていいんですよ。

甘やかしとかではありません。

そうやって、親と一緒にやることで、安心して覚えていくのです。

自信がついてくると、ちゃんと、「一人でやる」という時がきます。

 

 

片付けだけでなく、他のことも同じです。

 

 

でも、上手くいかなくて、子どもがイライラすることもあるかもしれません。

そんなときは、気持ちを聞いて受け止めていきます。

 

 

お母さんがイライラしちゃったら、お母さんの思いを伝えていきます。

 

 

そして、お互いが落ち着いたら、そこでどうしようかと考えます。

そこで決めたことを実行していくことも、しつけの一部になるかもしれませんね。

 

 

しつけに効果的なのは、親も子も問題なしのとき。

一度試してみませんか?

 

 

 

本間 恵