読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親として伝えたいことがあるとき

子どもが自分の人生を生きていくために、親として伝えたいことがあるとき、

 

1  模範を示し、

 

2  コンサルタントになれるよう努力し、時には自分の考えを見直してみる。

     そうすると、

 

3  自分の価値観が変わることもあるかもしれません。変わることによって、今まであ

      った価値観の対立がなくなることがあるのです。そして、最後は

 

4  祈りです。

 

神頼みの祈りではありません。

 

親業での祈りは、自分のできるだけのことを行いながら、子どもを見守っていくという

ことです。子どもの成長と幸せを願いながら、信じて待つの祈りです。

 

 

親子の間に対立があることは、お互いが別の人間であるということを知る良い機会にな

ります。話し合いをすることにより、お互いを理解し合うきっかけになります。

 

 

対立を恐れず、お互いにありのままを出し合い、認め合っていきませんか。

 

 

子どもも親も、それぞれが自分の人生を大切にしながら、一緒に育っていけることを願

っています。

 

 

 

本間 恵