読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもを受容すること・自分を受容すること

「自分は愛されている、自分の存在を親は受け入れてくれている」

と感じることで、子どもの心の安定と成長が始まります。

 

親は、子どもを受け入れたい思っているのです。

ですが、その我が子を大切に思う気持ちが、子どもに伝わらないことがあると以前にお

伝えしました。

 

 

親業は、子どもを受容していることを、毎日の生活の中で伝えていくものです。

 

親に受容されていることがわかると、子どもは安心して自立していくのです。

 

 

また、親業を学んでいくと、親が自分自身を受け入れて自立する自分であることの大切

さに気付かされます。

 

親が自分の人生を自分らしく生きていると思えないと、子どもが自分から離れて自立し

ていくことを、受け入れられないことがあるのです。

自分の存在価値を、子どもに求めてしまうのですね。

親が子離れできなくなってしまうのです。

 

 

皆さんは、自分の生き方が好きですか?

自分のことを、受け入れていますか?

 

 

子どもを育てるということは、自分の生き方を見せることでもあります。

 

 

親業が子育て業というのではなく、「親業」というのは、親の姿を見つめ直していきま

しょうということなのです。

 

親業は、自分業なのです。

 

 

皆さん、自分を見つめて、自分の大切のしたいことを再確認してみませんか?

そして、皆さんが自分の人生を自分らしく、生き生きと歩んでいけたらと願います。

 

 

そのために、私はこれからも、親業を皆さんにお伝えしていきたいです。

 

 

 

本間 恵