読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今度は私が・・・

今日は、今年ずっと関わってきた4年生の子たちの学年行事でした。

2分の1成人式といって、10歳になる4年生でよく行われます。

保護者を招待し、いろいろな発表をします。

親と子どもで手紙の交換をしたりと、学校ごとに取り組みは様々です。

 

今回は5クラスが一緒に、体育館で発表をしました。

子ども達が招待してくれて、私も参観させてもらいました。

 

子ども達の生き生きとした姿には、涙が出ました。

一生懸命な気持ちは、心に届きますね。

 

子ども達を見ていると、子どもたちを指導してきた先生方の熱意が伝わってきます。

 

この学年は5クラスのうち、20代の男性教員が3名。

初任の女性教員1名。(大卒1年目です)

学年主任はベテラン女性教員です。

 

若手の先生方は、いろんなことをやってみたい!という熱意があります。

それをうまくまとめてくれているのが、学年主任の先生です。

 

初任の先生も、起きている時間はほとんど仕事にあてているのでは?と思うほど、がん

ばっています。周りから、早く帰りなさいと言われてしまうほどです。

 

 

どこのクラスも、発達障害の子など問題を抱えている子が数名います。

毎日毎日、いろいろなことが起こります。

先生方の苦労は、並大抵ではありません。

 

そんな毎日ですが、放課後職員室で仕事をしていると、大変な事やうれしかったこと

を、学年のメンバー同士で気軽に話せるのです。

 

お互いに笑ったり、時には真剣に悩んだりしながら、思いを出し合えるのです。

 

私が今まで経験した学年は、ここと同じように、どこも話しやすい学年メンバーでし

た。本当にありがたかったです。

 

この、心の内を出せる場があるということが非常に重要なんだと、つくづく実感しま

す。

 

 

日々のちょっとした愚痴を言える。

否定されない。

共感して受け入れてくれる。

 

解決策がその場ですぐに出てこないことだってあります。でも、自分のことを理解しよ

うとしてくれる仲間の存在は、とても大きい支えになります。

 

 

本当に苦しい時に、何とか立つことができるのです。

 


私も今まで、苦しい時期が何度もありました。

でも、学年の方たちに支えられてきました。

涙を流しながら話したことなんて、たくさんあります。

 

話を聞いてくれて、自分の経験を語ってくれたり、励まして支えてくれた先生方がいた

から、今の私がいるのです。

 

今度は、私が支える番です。

 

私の尊敬する先生方のようにできるかわかりませんが、私なりにやれることをやってい

きたいです。

 

私の関わっている先生方は、子どもたちのために何ができるのかと、一生懸命に向き合

っている方が多いです。そんな先生方の力になりたいです。

 

明日は、学年の先生方と2分の1成人式の打ち上げです。

私は、何の指導もしていないので申し訳ないのですが…。

 

先生方の本音の声を聞いてきます!

 

 

本間恵