読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「聞く」ということ・・・

~聞くこと~

 

 

親は聞くことで、子どもが考える手助けができるとお伝えしました。

その他にも、聞くことの効果があります。

 

それは、自己肯定感が高まるということです。

悩んでいる自分を、そのまま受け入れてくれるということ。

受け入れられることで、子どもは「どんな自分でもいいんだ」と実感するのです。

人に受け入れられて初めて、自分のことを受け入れられるようになるんですね。誰にも

受け入れられない人間が、どうして自分のことを認められるようになるでしょうか。

 

 

ヤル気が出ない、自信がない子どもが目の前にいるとしたら、その心に寄り添い、気持

ちを理解しようとしていくことで、子どもを支えることができるのです。

そして、聞いてもらった子どもには、親の愛情がちゃんと伝わります。また困った時に

は、親に話そうという気になりやすいのです。

 

 

聞くことで、子どもが考える手助けをして、親子の絆を強くすることができるんです

ね。日常の、ちょっとしたことでも聞くことができますよ。

 

 

例えば、受験生の我が家の娘。

娘「あ~、塾、行きたくない!」

私「行きたくないんだ。」

娘「一日なんて、やってられないよ。」

私「一日は長くって、しんどいんだね。」

娘「うーん。あ~もうやだなあ。」

私「勉強、大変なんだ。」

娘「うん。行かなくちゃなんだけど~。」

 

この後、しばらくゴロゴロしてから、勉強をし始めました。

 

 

「ああしたら?こうすれば?」とつい言いたくなるのが親心ですね。

でも時には、聞いて様子を見守ってみるというやり方はいかかですか?

 

 

 

本間恵