読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不登校の子のお父さん・お母さんに伝えたいこと ~気持ちをためずに~

不登校の子のお父さん・お母さんに伝えたいこと」~その2~です。

 

2つ目は、お父さんお母さんの気持ちを、ためずに出していくことです。

 

我が子が不登校になってしまうと、

「私の接し方が悪かったのだろうか」

と自分を責めてしまうことも、多いのではないでしょうか。

「これから、どうしていけばいいのだろう」

 

そんな複雑な気持ちを抱えて、悶々とする日々だと思います。

重く、苦しいですよね。

 

そんな不安や悩みを、正直に話せる相手はいますか?
人は、重い胸の内を話して出してしまうと、心が軽くなります。

 

お父さんお母さんの心が、不安で一杯いっぱいですと、子どもの不安を受け止める余裕

がなくなってしまいがちです。子どものためにも、ご自身のためにも、お父さんお母さ

んの心を少しでも、楽にしていきたいのです。

 

 

思いを話すときに、

「ここまでだしていいのだろうか…」と躊躇してしまうかもしれません。

なかなか、言えないこともありますよね。

 

無理に話してくださいというのではないですよ。自分のペースでいいのです。

心の内を安心して話せる相手がいると、お父さんお母さんの心が楽になるのではないで

しょうか。。

 

皆さんには、話せる相手というと、どんな方がいますか?

夫婦、両親、兄弟、友人、先生…。

スクールカウンセラーや、専門の相談機関の方。

親の会に参加していらっしゃる方もいるかもしれません。

 

今、話せる場所や相手がいないという方、どうぞ一歩を踏み出して、話してみてくださ

い。皆さんが、話しやすくて安心できる相手と出会えることを願っています。

 

 

本間恵