読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賞の危険性

今日は賞の危険性についてお伝えします。

 

 

子どもの行動をコントロールするために、賞を使うことは多いのではないでしょうか。

 

ゴードン博士はその危険性について、述べています。

その中から、いくつかを取り上げてみます。

 

まず、賞を頻繁にもらう子どもは、親が喜ぶことだけを選んでするようになります。親

が喜びそうにないことは、しないようになります。こういう子どもは、自分で考えた

り、創り出したりする力が育ちにくいと言われています。

 

つまり、賞をたくさん与えながら育てると、賞がなければ自分の行動の結果に、喜びを

得られなくなってしまう危険性があるのです。

 

勝って表彰されなければ、スポーツを楽しめない。

見返りがなかったら、他人には優しくしない。

いい成績が取れなかったら、勉強する気がおきない。

 

このように、賞は子どもの自発的なヤル気をも崩してしまうのです。

 

賞には大きく分けると2種類あって、もので与える賞と、ほめるという言葉で与える賞

があります。

 

よくほめて育てようという言葉がありますが、ほめるということもよく考えて行わない

と、やはり危険があるのです。

 

 

明日は、ほめることについてお伝えします。

 

 

 

本間 恵